機関誌・MIAニュース

2021年5月31日

2624号ー次世代放射光施設トライアルユース受託者の募集

次世代放射光施設トライアルユース受託者の募集

 

仙台市では、仙台・東北の事業者が令和5年稼働予定の次世代放射光施設活用によりイノベーションや付加価値の創出につなげ、地域経済への波及効果を生み出す「光イノベーション都市」の実現を目指しています。

当該事業では国内既存放射光施設を活用した多種多様な事例を創出し、その事例を活用した普及啓発を行うことで、放射光施設の産業利用可能性を認識してもらい、次世代放射光施設稼働後の積極的な活用に繋げていくことを目的としています。

 

【スキーム】

・対象事業者:国内の中小企業

・審査会  :オンラインまたはオフライン(新型コロナウイルス感染症の状況による)

・選定件数 :予算の範囲内で9件程度(東北地方内に事業所を置く法人から6~7件程度を選定)

・委託上限 :150万円/件

・対象施設 :国内の放射光施設

・事前協議 :応募前の施設側との事前協議を推奨

      ※分析会社(日産アーク、日東分析センター)との事前協議でも代替可能

 

【スケジュール】

令和3年 5月28日 公募開始

      8月20日 公募締切

      9月上旬   審査会

令和4年 2月25日 発表資料提出

      3月31日 事例報告書提出

 

詳細は下記のチラシおよび仙台市ホームページ 令和3年度トライアルユース事業をご覧ください。

http://m-indus.jp/uploads/080429290ece829c3442c81d5b38fece.pdf

https://www.city.sendai.jp/renkesuishin/jigyosha/kezai/sangaku/housyakou_trial-use.html

 

【お問い合わせ先】

 仙台市役所 経済局 産業振興課 (担当)齋藤・金(こん)

 TEL:022-214-8768 E-mail:kei008030@city.sendai.jp

ページの先頭へ