理事長挨拶

6年間に渡って、みやぎ工業会を率いて来られた竹渕前理事長の後任として理事長に就任した畑中です。32年前の工業会スタート時の初代会長から数えて、私は6代目の理事長ということになります。

私の会社キョーユーは平成11年に入会させていただき、会員の皆さんと「知り合って、使いあって、造りあって」という言葉に沿った活動をさせていただいてきました。
しかし工業会を取り巻く環境は東日本大震災を経た後も厳しく、少子高齢化に伴う人材不足、後継者不足や従業員の高齢化など、様々な課題を抱えています。

こうした難しい環境の中で工業会の活動を継続していくためには、これまで以上にみなさんと手を携えながら、一方では従来どおり、お互いが切磋琢磨し、競争しながら各社がレベルアップを図っていくことが必要となるのではないでしょうか。
そのために異業種の会員同士が気楽に話したり、新入会員が交流しやすい場を提供することで、会員同士の交流をさらに活発にしていきたいと思います。

これまでの大手企業出身の理事長とは異なり、私は大崎の中小企業の経営者です。会員の皆さんの協力なくして今後はありません。会員の皆さんの様々なご意見をお聞きしながら、工業会を運営してまいりますので、これまで以上のご支援、ご鞭撻を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

 

理事長 畑中得實

ページの先頭へ