機関誌・MIAニュース

2021年3月9日

2568号- 令和3年2月13日の福島県沖地震による被害状況について

みやぎ工業会
 令和3年2月13日の福島県沖地震による被害状況について

 

 2月13日午後11時に宮城県および福島県にて震度6強の地震が発生しました。
この地震による被害状況について会員企業にアンケート調査をおこないました。

 

【調査結果】
 1.インフラに関する影響
   回答数72社のうち影響があったのは5社で、内容は漏電、停電、断水でした。

 

 2.生産活動における影響
   回答があった49社のうち、影響があったのは12社でした。
   内訳は「設備点検・調整」と「設備の破損」が多く、合計で82%でした。被害の報告は
   仙台、美里町、大崎市、山元町から複数寄せられました。

 

 3.その他の事業運営における影響
   その他の影響があったのは4社で、新幹線運休による出張への影響が2社、一部建物の損
   壊と物流の乱れによる納品遅れが1社でした。

 

 詳細については、下記のURLをご参照ください。
   http://m-indus.jp/uploads/abb99e576687b963db818b6fa9e18bb9.pdf

ページの先頭へ