経営基盤委員会

2021年11月4日

令和3年度 第2回経営基盤委員会

日 時  令和3年9月8日(水) 15:00~16:30
場 所  オンライン(Zoom使用)

 

1.出席者
 ・委員 高橋純也委員長、引地副委員長、山城副委員長、今野委員、後藤宏委員
 ・事務局 青沼専務理事、尾形

 

2.議 事
【報告事項】
(1) 前回議事録
(2) 会員数推移

 

【審議事項】
(1) 会員アンケート集計結果報告
 事務局から7月に実施した会員アンケートの集計結果について説明があった。
 ・今回の会員アンケートはWebで実施したが、回収数が62件と少なく、回収率をあげるための依頼
  方法を検討等する必要がある。
  コロナ感染拡大前と比較した売上の変化については、減ったとの回答が50%だったが、増えたと
  の回答も23%あり、企業によるバラつきがあると推測される。感染拡大が事業に与えた影響につ
  いては、「受注」が最も多く、受注の減少が売上減につながったと推測される。
  現在の懸念事項については、「人材の育成」や「人材の採用」、「人手不足」と人材に関する回
  答が非常に多かった。人材の過不足状況については、不足しているとの回答が61%で、特に技術
  者(機械、電気、IT、品質管理)が不足しているとの回答が圧倒的に多かった。高齢者の活用に
  ついては、定年制度の変更や雇用延長により65歳まで働けるようにしているとの回答が半数以上
  で、希望により70歳まで働けるようにしている回答も24%と、高齢者の活用が進んでいることが
  伺える。

 

 ・アンケート結果について、「コロナ前の売り上げに戻ったという回答が全体のほぼ半分で、人材
  不足が全体の60%という回答のため、少しずつ景気が戻り始めつつあるのに、人手不足でモノづ
  くりができないという状況に陥っていると感じた」というコメントがあった。また人手不足につ
  いては、社員が昔よりも簡単に辞めてしまうことが話題になった。若手に限らず、仕事の内容や
  条件がマッチングしない場合は、すぐに転職してしまう傾向があるという意見があった。

 

(2) MIA倶楽部「中小製造業のデジタル化について」
 7月に開催したMIA倶楽部で、会津で導入を開始しているDXの共通プラットフォームについて、アク
 センチュアに講演して頂いたが、このシステムに関する委員会参加者の意見を伺った。
 ・このシステムを導入したときの具体的な効果について、アクセンチュアに簡易診断してもらった
  ところ、非常に大きな導入効果があるという結果がでてきた。期待感はあるものの、この先、ど
  のように進めていけばいいのか分かっておらず、現状は止まってしまっているとのコメントがあ
  った。導入事例などがもう少し増え、効果が伝わってくれば、もう少し具体的な検討ができると
  思う。

 

(3) 仙台高専による産学連携プログラムについて
 仙台高専が進めている産学官連携プログラムについて、事務局から事業の紹介があった。
 ・JSTでは産学官の共創拠点の形成を目指す産学連携プログラムを進めていて、仙台高専がM3ラボ
  (みやぎ ものづくりとまなびのラボ)として進めているプログラムもJSTに採択されている。

 

 ・仙台高専のプログラムは、学校と企業の連携を強化し、企業が持っている業務上の課題の解決に
  学校側が積極的に協力し、また学生を企業に派遣して、会社や働くことの意義を学生に理解して
  もらうなど、お互いが行き来できる活動である。現在、地元企業として、ヤマセ電気と東洋刃物
  の2社が参加しているが、高専としてはもっと多くの企業に参加してもらいたいと考えている。
  工業会の中で興味のある企業に対しては、高専の先生からプログラムの詳細について説明して頂
  けるということなので、メルマガで別途ご案内する。

 

 実際にM3ラボの活動に参加している高橋委員長から下記のコメントがあった。
 ・M3ラボは教育の場も兼ねている。例えば、M3ラボには熱処理の専門家が参加していて、熱処理技
  能士(国家資格)の取得に向けた講義を月2回ずつ実施し、来年の資格取得を目指して進めてい
  る。我々は企業として、モノづくりのプロとして参加しているが、まだまだ学ぶことがある。
  また、M3ラボは非常に幅広く展開していて、新しいものに対する共同研究や人材育成など、SDGs
  に絡んだ内容になっている。我々が進めているテーマ以外にも、ものになる課題やテーマがある
  と思っている。今は参加企業が20~30社に膨らんできているが、宮城県内の企業が集まってくる
  ことで、技術が集約でき、それを利用させてもらえるという展開が可能になってくる。これは去
  年の11月に採択されているが、3年後、5年後、非常に楽しみにしている企画である。

 

(4) オンライン展示会等について
 事務局からオンライン展示会など、工業会のホームページのリニューアルについての説明があった。
 ・コロナで当初予定していた活動ができず、事務局としてどうすればいいか検討している。受注が
  減っている状況のため、オンライン展示会のようなものができないか、という意見を頂いている。
  進め方としては、既存のHPとは別のサーバーでサイトを立ち上げ、例えば企業のカテゴリーごと
  にパネルをつくり、そこに企業情報や独自技術などを書いてもらう。そこをクリックすることで、
  詳細情報のページや各企業のHPに飛ぶようにする。あまり負荷がかからないようにして、できる
  だけ多くの企業に参加してもらえないかと考えている。この背景には、コロナ禍で会員同士の仕
  事のやり取りが増えていること、また県内企業でも、委託可能な地元企業を見つけられず、県外
  に委託しているという話も聞いており、会員企業同士のマッチングや県内の企業連携に寄与でき
  ないかと考えている。また、動画配信などを活用し、保有技術や取り扱っている製品がビジュア
  ル的に分かるような企業紹介ができないかと考えている。予算も含めて出来る範囲で展示会をや
  ってみたい。人材紹介については、求職者からの応募を待っている状況になっているため、各企
  業の求人情報を頂いて、工業会のHPでお知らせるようにして、閲覧数を増やせないかと考えてい
  る。

 

 ・これに対して、県内企業とのマッチングの実例が紹介された。オリジナルの測定器の調達に悩ん
  でいたところ、宮城県から県内にある測定器の専門メーカーを紹介され、そこに発注することに
  なった。自分たちではできなかったことをすぐにやり遂げてくれ、メンテナンスもすぐに飛んで
  きてくれるなど、東京や関西にはないレスポンスの良さを感じた。また、資材倉庫のデータの一
  元管理システムについても、宮城県に相談すると、システムを作っている県内企業を紹介され、
  とんとん拍子に話が進んだ。県内のこんな近場に、こんな凄い企業があって、我々のためになっ
  てくれるというのを実感している。このような県内企業の情報がHPのアクセスで検索できるよう
  な環境になれば、非常に助かると思う。

 

 ・他にも委託先の企業を探すのに、なかなかその情報が取れないというコメントがあり、HPやツー
  ルなどで探せるようになればいいと思うというコメントがあった。


以上

ページの先頭へ