技術交流委員会

技術交流委員会の活動報告です。

 

令和4年度 第2回技術交流委員会 議事録 更新:2022.11.10

次回:2023年1月

日 時  令和4年10月18日(火) 15:00~16:30
場 所  オンライン(Zoom使用)

 

1.出席者
 ・委員 厨川委員長、千葉雄一副委員長、安達委員、村松委員、小川委員、浅野公隆委員、
     竹村委員、浅野副理事長
 ・事務局 青沼専務理事、尾形

 

2.議 事

【議題・目的】
  委員長、副委員長の選任。今年度の活動計画についての議論。

 

(1) 議事内容
 ◆委員長、副委員長の選任
  委員長として、通研電気工業の厨川氏が、また副委員長として、加美電子工業の千葉部長が選任
  された。

 

 ◆令和4年度の活動計画
  令和4年度の活動計画として、「ビジネスマッチング機会の提供」、「人材採用」、「DX推進支
  援」の3つの項目について議論した。

 

  ・人材採用について、中小企業家同友会では合同の企業説明会を実施しているが、工業会が単独
   で同様の説明会を実施するのは課題が多い。会員の人材紹介会社に取りまとめを依頼するのも
   一つの手かもしれない。また、地元企業の知名度向上のため、子供たち向けのものづくり体験
   等については賛成で、前からやりたいと思っていた。宮城県や仙台市は子供向けの職場体験に
   は取り組んでいるが、製造業については実施しておらず、子供向けの発明クラブのような取り
   組みを広げていきたい。

 

  ・オープンファクトリーについては、地元の人達に企業のことを知ってもらえる非常にいい活動
   だと思う。この活動を既に盛んに実施している地区もあり、更に伝染していくと思われるため、
   工業会が独自に企画するのではなく、協賛などのかたちで、各地区と一緒にやっていけばいい
   と思う。

 

  ・会員アンケートの結果から、人材不足の問題は大きいが、技術交流委員会としてはDX推進が活
   動テーマになると思う。DXの推進は業務の変革だけでなく、効率化によって人員を何人減らせ
   るかということがポイントになる。削減できた人員を他の仕事に回すことで、内部的な人材確
   保に繋がるかもしれない。技術交流委員会としては、DXを推進することで人材不足解消にも取
   り組んでいければいいと思う。

 

  ・DXはシステムが高額というのが課題の一つだが、それでも、DXを推進しなければいけないと考
   えている企業が多い。どのように進めていくか知恵を出し合い、会員サービスに繋げていけれ
   ばと思っている。

 

  ・事務局案として、ビジネスマッチングのため、会員企業の情報をまとめて、HP掲載や冊子発行
   を検討しているとの説明があったが、マッチングには繋がらないと思う。別な方法で応援して
   あげる方がいい。

 

  ・ビジネスマッチングについて、異業種団体との交流会などが進められないか。例えば、宮城県
   の食品産業協議会には県内の老舗食品業界がほぼ入っていて、製造ラインのメーカーにも非常
   に興味を持っている。このため、食品産業協議会と交流会などを開催し、困りごとなどの情報

   交換などにより、マッチングの機会を作れないかと思う。

 

(2) 決定事項
  特になし

 

(3) 備考・補足
  ・技術交流員会では企業見学会をメインのイベントとしてやってきたが、コロナ禍では見学会は
   難しいため、それに代わる柱を立てなければいけない。→DX推進

 

以上

Adobe

PDF形式のファイルをご覧いただくには、
AdobeSystems社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は公式サイトからダウンロード(無料)してください。

ページの先頭へ