交流推進委員会

2019年8月6日

令和元年度 第1回交流推進委員会

日 時  令和元年7月24日(水) 15:00~16:30
場 所  仙台青葉サイト

 

1.出席者
 ・委員 松本副委員長、堀尾委員、浅野伸城委員、川島委員、鎌田副理事長
 ・オブザーバー 千葉出版印刷 千葉氏、宮城県産業技術総合センター 今野正憲氏
 ・事務局 青沼専務理事、尾形

 

2.議 事
【報告事項】
(1) 前回議事録
(2) 会員推移数

 

【審議事項】
(1) 令和元年度事業計画について
<活動計画全般>
 事務局から令和元年度の交流推進委員会の活動計画全般について、説明があった。
 ・8月は8/22に工業会サロンと納涼祭を、8/27に県内企業見学会を予定している。
 ・10月~11月は放射光に関する勉強会を予定している。また県外企業見学会として、姫路にある
  spring8の見学会を10月に予定している。
 ・11月は11/2に秋のゴルフ大会を杜の都カントリークラブで予定している。
 ・1月は1/17に新春産学官交流大会を予定している。

 

<納涼祭・みやぎ工業会サロン>
 8/22に納涼祭とみやぎ工業会サロンを予定しているが、工業会サロンの新入会員の申込は現時点で
 2名のみで、例年よりも出足が悪い。このため、今後の工業会サロンの進め方について議論を行っ
 た。
 ・工業会サロンは新入会員と既存会員との交流を深めることを目的にしているが、過去の例を見る
  と、新入会員は最初の年は出席してくれるが、翌年はほとんど出席してもらえていない。
   →理事や役員の出席が多く、参加者の半分以上は従来メンバーであるため、堅苦しいと感じさ
    せているかもしれない。
   →また、工業会サロンで、新入会員に意見等を発表してもらっているが、皆が皆、しゃべるの
    が得意とは限らず、しゃべらせることで、次は来たがらなくなっているかもしれない。
 ・昨年の新入会員の参加者とは、サロン以降は会っておらず、工業会の他のイベントにも参加して
  頂けていない可能性がある。
 ・誰も知っている人がいないパーティに参加するのは、話すきっかけができるまでは辛いと感じる。
  以前、異業種交流クラブで、料理教室をやったら非常に盛り上がったことがある。参加者に共通
  体験があれば、打ち解けやすいかもしれない。
   →芋煮会やバーベキューなどでも盛り上がるかもしれない。
 ・納涼祭と工業会サロンを別々に開催することも可能なため、新入会員には最初に参加しやすい納
  涼祭に出てもらい、交流推進委員が納涼祭で新入会員に声掛けし、後日開催するイベントやサロ
  ンに誘ってはどうか?
   →サロンは野球観戦やバーベキューなどのイベントと一緒にやってもよい。
   →新入会員に参加してもらうイベントは、料理大会ではなくても、体験を共有するという意味
    で、手を動かすイベントが良いと思う。
 ・納涼祭は予定通り8/22に開催するが、工業会サロンは一旦ペンディングにして見直すことにする。
  納涼祭で新入会員と話ができる場をセッティングし、バーベキューなどのイベントに参加しても
  う。尚、納涼祭で新入会員の顔合わせを兼ねて、新入会員にリボンをつけてもらうことにする。
  イベントの会場選定や日程は、事務局で持ち帰って調査、検討する。

 

<野球観戦>
 野球観戦についても、新入会員向けのバーベキューとは別に開催したいとの意見があり、事務局で
 日程を調整することになった。尚、昨年の野球観戦には23名参加してもらい、盛況だった。

 

(2) 技能五輪の招致について
 技能五輪招致活動の状況について、事務局から報告があった。
 ・宮城県では技能五輪全国大会の開催実績はないが、平成16年に全国アビリンピック大会が宮城県
  で開催されている。(その年の技能五輪全国大会は岩手県で開催)
 ・平成30年の全国大会に、宮城県からWEBデザインの種目に出場したのは宮城県工業高校の2年生の
  生徒で、全国大会で金メダルを取り、今年、ロシアで開催される国際大会に出場する。現役の高
  校生が国際大会に出場するのは初めての快挙。
 ・宮城県から技能五輪全国大会に出場している職種の数は、前回、前々回とも41職種中、9職種で
  あった。宮城県から全国大会への出場者数は、前回、前々回とも15人となっている。
 ・技能五輪山形県大会の大会招致・準備活動に関する資料がWEBに公開されている。資料によると、
  平成24年7月に県として大会誘致を表明して国(厚労省)に計画案を提出し、平成24年12月に山
  形県での開催が正式に決定している。山形県大会は平成28年10月に開催されたが、平成26年か
  ら、出場選手育成のための東北合同練習会など、大掛かりな準備を進めている。

 

(3)その他
<県内企業見学会>
 事務局から県内企業見学会について説明があった。8/27(火)に日本製紙・石巻工場と大崎市三本木
 のYKK AP、大崎市松山の一ノ蔵・酒ミュージアムを見学する。

 

<会員アンケート>
 事務局からMIAレポートに掲載する会員アンケートに関する説明があった。令和元年度の第1四半期
 の経営状況に関するアンケートを行う。質問内容は基本的に前回と同じである。採用を促進するた
 め、他社の初任給や退職金などの金額が知りたいという意見があるが、このような質問は通常のア
 ンケートという形式では聞くことができない。

 

以上

ページの先頭へ