技術交流委員会

2017年5月9日

           平成29年度 第1回技術交流委員会 議事録

 

               日 時  平成29年4月28日(金)14:30~16:30

               場 所  仙台青葉サテライト  

 

 

1 出席者

   委員 :森山委員長、丸一副委員長、浅野副委員長、片瀬委員、村松委員、竹村委員、

      諸橋委員、中塚委員

   オブザーバー :宮城県産業技術総合センター 堀氏、オプス 安達氏

   事務局 :八島専務、青沼事務局長

 

2 議 事

【報告事項】

   (1) 前回議事録確認

   (2) 会員数推移

      平成28年度末と比べ2社が退会し、348社となっていることが事務局から報告された。

   (3) 理事会報告

      3月23日に開催された理事会の報告が事務局から行われた。

 

   (4)     みやぎ優れMONO発信事業進捗報告

      平成28年度は応募企業が15社と過去最高となり、このうち6社の製品が優れMONOに認定 

      されたとの説明が事務局から行われた。

【審議事項】

   (1)   平成29年度事業計画

      企業見学会のほかに技術セミナーを開催したいとの提案があり、石巻の日本製紙で生産開始し  

     たセルロースナノファイバーや21世紀プラザの企業が挙げられた。 

      また先進研究機関の見学として、東北大学産学連携先端材料研究開発センターとNHKの新社 

     屋が提案された。

 

   (2)   県内企業見学会

      企業見学では施設だけでなく高専での研究内容についても説明を受けるなど、見学プラスワン  

     があっても良いのではないかという意見が出された。その場合の候補として仙台高専のほか、県 

     北の職業能力開発大学校が挙げられた。

      企業としては愛島にあるジャムコエアロマニュファクチャリング、メルコジャパン、岩機ダイ 

     カスト工業、JAXA角田宇宙センターなど仙南地域の企業名が挙げられた。事務局で候補リスト 

     を作成し、委員の意見を聞く。

 

  (3)   県外企業見学会

       見学先として、福島の菊池製作所、相馬のIHI、オリエンタルモーター、南相馬市の日立パ

     ワーデバイス、郡山の東成エレクトロビーム、いわきのアルパイン、ふくしま医療機器開発支援 

     センターなどが挙げられた。

      また昨年の見学会は12月に開催されたが、予算作成時期にあたるため遅くとも11月までに開 

     催してほしいとの意見が出された。

                                           以上

ページの先頭へ