委員会活動報告

2017年3月8日

第2回経営基盤委員会

平成28年度 第2回 経営基盤委員会 議事録

 

               日 時  平成29年1月31日(火)14:30~16:30

               場 所  仙台青葉サイト

1 出席者

・大友委員長、高橋副委員長、伊勢田委員、阿部委員、橋本委員、佐藤副理事長                        

・みやぎ工業会:加藤マネジャー、佐藤サブマネジャー 

・事務局:八島専務理事、青沼事務局長

 

2 議 事

【宮城県プロフェッショナル人材戦略拠点事業報告】

  加藤マネジャーよりプロ人材事業の進捗について報告が行われた。

 

【報告事項】

(1)前回議事録確認

(2)会員数推移

平成27年度は3月31日現在で344社。平成28年度は1月30日現在で13社増加し、5社

退会、352社となっていることが事務局から報告された。

 

【審議事項】

1. 人材育成

新卒学生への企業紹介活動について、事務局より報告が行われた。

 (1)5月から10月まで5回に渡り東北学院大学工学部にて、合計14社が企業紹介を行ない、累計124人の学生が参加した。

(2)12月26日、仙台市主催により平成30年3月卒業生向けに、産業セミナーを開催。各業界

がブースを設置し、参加学生に説明を行った。

(3)仙台高専の就職状況を分析した結果の報告が事務局より行われた。

 

2.支部体制

支部体制の区割り案に対して振興事務所の管轄に沿った区割りでは、必ずしも実態と合っていないとのご意見を理事会でいただいた。そこで県内を北部・南部仙台、仙南、大崎・栗原・登米・気仙沼地区と東部地区の5つにする見直し案が提示された。

また支部長が持ち回りで理事長に選任される仕組みを持つ支部体制案について、事務局から説明が行われた。これに対して次のような意見が出された。

 

・名取が仙台圏に入っているが、仙南地域の企業が少ないことから仙南にした方が良いのではないか。

・支部長は副理事長兼務となる為、副理事長をやった人の中で合議・互選で次を決めるとした方が良い

 

・支部活動を一斉におこなうのではなく、広域石巻地区のように活動できる地区からスタートしていく方向で進めて行くとする。

 

3.若手経営者会

かねてより若手経営者から他の若手経営者と交流する場が欲しいとの要望を受けていた。そこで概ね50歳以下の経営者を対象とする若手経営者会の設立案について、事務局より説明がおこなわれた。これに対して次のような意見が出された。

 

 ・対象は現在の経営者に限らないで、幹部とした方がよい

・概ね50歳以下を対象とするというように、ある程度の枠を決めるのは良いと思う

 

4.その他

(1)女川原子力発電所見学

2月13日に女川原子力発電所を見学予定。

 

(2)卓越した技能者の厚生労働大臣表彰の推薦募集

ページの先頭へ