機関誌・MIAニュース

2020年3月26日

2390号- 次世代放射光施設『ビームライン等関連産業』への新規参入を目指す事業者向け勉強会

宮城県からのお知らせ
 次世代放射光施設『ビームライン等関連産業』への新規参入を目指す事業者向け勉強会

 

 新しい技術開発イノベーションの拠点として期待される『次世代放射光施設』は、2023年度
の運転開始に向けて、官民地域パートナーシップによる整備が進められています。
 国及び地域の整備運用主体となる(国研)量子科学技術研究開発機構(QST)及び(一財)光
科学イノベーションセンター(PhoSIC)では、ビームライン等の施設に設置される機器・設備・
部品等の開発・設計作業が進められています。
 そこで宮城県では、放射光施設に想定される機器・部品等の開発・製作やそれに伴う設置・
施工作業等に関する勉強会を開催します。勉強会では、PhoSICの中村哲也氏、QSTの木村洋昭氏
をお招きし、「施設の概要とビームラインの紹介」、「想定される機器と作業」、「契約から
検収までの流れ」などについてお話いただきます。

 新規参入を目指す地域企業の皆様は、この機会に是非ご参加下さい!

 

 ◆日時:令和2年4月24日(金) 14:00~16:00

 

 ◆会場:宮城県産業技術総合センター 大会議室(仙台市泉区明通2-2)

 

 ◆定員:50名(参加無料)
   ※参加人数が会場の定員を超えることが見込まれる場合は、宮城県内企業を優先して
    調整させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

 

 ◆主催:宮城県

 

 ◆共催:一般社団法人東北経済連合会

 

 ◆参加対象者:ビームラインや施設管理等関連産業への新規参入を目指す地域企業

 

 ◆申込方法:
   下記ホームページ内のチラシ・参加申込書に必要事項を記入の上、FAX又はメールで事前
   にお申し込みください。(メールの場合、本文に直接記載していただいても結構です。)
   ・参加申込書:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/shinsan/benkyoukai.html
   ・申込締切 :4月17日(金)

 

 ◆プログラム
   1.開会(14:00)
   2.主催者挨拶
   3.『施設の概要とビームラインの紹介』(14:05)
      (一財)光科学イノベーションセンター 中村 哲也 氏
   4.『想定される機器と作業』(14:30)
      (国研)量子科学技術研究開発機構 木村 洋昭 氏
   5.『契約から検収までの流れについて』(15:10)
   6.全体質疑 (15:30)
   7.閉会(16:00)

 

 ◆その他
   消毒液の設置、十分な座席間隔、会場の換気など、新型コロナウィルスの感染拡大防止
   に十分留意して開催します。
   参加者の皆様は、体調の確認やマスクの着用等にご協力願います。

 

 ◆お問い合わせ先
   宮城県 経済商工観光部 新産業振興課 産学連携推進班
    TEL:022-211-2721 FAX:022-211-2729
    E-mail: shinsanr@pref.miyagi.lg.jp

ページの先頭へ