経営基盤委員会

経営基盤委員会の活動報告です。

令和元年度第2回経営基盤委員会 更新:2019.12.16

次回:2020年3月

日 時  令和元年12月 5日(木)15:00~16:30
場 所  仙台青葉サイト


1.出席者
 ・委員 千葉貴之委員長、橋本副委員長、早坂委員、山城委員、引地委員、大槻委員、
     高橋昌勝副理事長
 ・事務局 青沼専務理事、尾形

 

2.議 事
【報告事項】
(1) 前回議事録
(2) 会員数推移
(3) 事業報告
 <大都市青年経営者交流研究大会>
  梵天会主催の青年経営者会の全国大会が10月25日にメトロポリタンで開催された。当日は大雨で
  県内各地に避難警報が出された大荒れの天気だったが、梵天会を含めて7団体、約130名の方に参
  加して頂き、大変盛り上がった。

 

 <新春産学官交流大会>
  1/17に国際センターで新春産学官交流大会を開催する。講演は東北大・文学部の先生に依頼して
  いる。同日、国際センターでみやぎ産業振興機構主催のマッチングイベントや、東北大学と高専
  の展示会も開催される。

 

 <県外企業見学会>
  11/14に姫路にあるスプリング8の見学会を実施した。前日は姫路城の見学会と懇親会も実施した。

 

 <光カフェラウンジ>
  スプリング8見学会のあと、11/29に「光カフェラウンジ」の名称で、放射光に関する勉強会を開
  催した。この勉強会は、座学ではなくテーブルディスカッション形式で、10名が参加した。ディ
  スカッションは3グループに分かれ、東北大の先生達にも各グループに参加してもらい、放射光で
  何ができるのかについて議論した。放射光で見たいと思っていることや、自分たちが抱えている
  課題の解決に利用できることは何かなど、同席した先生にも教えてもらいながら、できることを
  絞り込んだグループもあった。

 

 <副知事懇談会>
  11/19に副知事懇談会を開催した。みやぎ工業からは畑中理事長をはじめ、副理事長と各委員会の
  委員長、政策委員会のメンバーの合計15名が出席した。県からは副知事の他、経済商工観光部か
  ら20名ほどが出席した。
  懇談会では、技能五輪の県内招致を中心に副知事や商工観光部長たちと意見交換を行い、最後に

  副知事に技能五輪の要望書を提出した。

 

【審議事項】
(1) 技能五輪について
 事務局から技能五輪の最新状況に関して報告があった。
 ・畑中理事長と青沼専務理事が今年の技能五輪・愛知県大会を見学してきた。メイン会場は中部国
  際空港の近くの大きな施設で、一部の種目(料理や溶接など)は別な会場で行われた。大会は想
  像以上に活況で、競技者の傍に会社の応援団がならび、必勝祈願などが書き込まれた旗などが飾
  られていて、スポーツの応援と同じだった。来場者が多く、子供など一般の人たちもたくさん見
  学に来ていて、迫力がすごかった。外で食事がとれるように出店が出ているなど、お祭りのよう
  な賑わいだった。
 ・今年の大会で、宮城県から入賞できたのは、レストランサービス(国際ホテル)と日本料理(メ
  トロポリタン)、WEBデザイン(宮城県工業高校)の3名だけだった。
 ・3年前の山形大会にも出場した米沢工業高校の先生に話を聞くと、米沢工業高校は、以前は技能よ
  りも技術を重視する学校だったが、大工の技能検定をきっかけに山形大会に出場することができ
  た。技能五輪に出場した先輩を見て自分も出たいと技能検定に挑戦する生徒がいるなど、技能五
  輪によって培われた意識は今も継続している。技能五輪で入賞するには高いレベルの技能が必要
  となるため、高校生が入賞するには、かなりの練習が必要になり、夏休み中にも練習をしている
  生徒がいた。このような取り組みを続けたことにより、技能の高い会社に就職できるようにもな
  った。
 ・尚、宮城県でも宮城県工業高校はwebデザインで技能五輪に数年継続して出場していて、指導者
  や技能向上に取り組む環境が整っているのかもしれない。

 

(2) 経営基盤委員会の活動状況
 事務局から今年度の経営基盤委員会の活動状況について、報告された。
 その中で、事業承継や技術継承などの経営課題について話題になった。
 事業承継や技術継承は、自社だけでは解決が難しくても、グループ会社のように、複数社で取り組
 めば可能になることもあり、実際にうまくいっている会社もある。
 しかし、グループで課題に取り組むには、どこかの会社が中心になって会社間の調整や橋渡しを進
 めていく必要があり、形だけのグループ化ではうまくいかない。また、時代の流れにより、会社の
 形態も変えていく必要があると思うとの意見が出された。

 

(3) 人材紹介事業の進捗状況
 事務局から人材紹介事業の進捗状況について、報告された。
 人材紹介事業は1月から開始して、現在3件対応している。最初の2件は紹介が成立した。3件目は現

 在、応募企業を募集中。また4件目の求職者の応募もあった。

 

(4) その他
 ・来年の通常総会(2020年6月)の講師が未定のため、どなたか候補がいれば教えてほしい。
   →今年の総会での由紀精密の大坪社長は、竹渕前理事長から紹介された。
 ・採用に関して、今年は人が採れるようになってきたが、求人は親をターゲットにしないと人が集
  まらず、親向けのパンフレットや一般受けするホームページを作成する必要があるとのコメント
  があった。

 

以上

Adobe

PDF形式のファイルをご覧いただくには、
AdobeSystems社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は公式サイトからダウンロード(無料)してください。

ページの先頭へ